美味しい醤油って何ですか?ベスト5醤油

しょうゆブランド

醤油の歴史

中国で紀元前2世紀に生まれた醤油ですが、シンプルな醤油は意外に作るのは難しいものです。とりあえず醤油の原料は大豆、小麦、塩から変化が行います。化学反応で特別な香り(うまみなど)と色(赤い)は出ます。大豆、小麦、塩もですが、水がメインの材料なので水の品質はしょうゆに影響します。
ヨーロッパで和食はブームというけど、出島のオランダ商人が17世紀-18世紀から醤油をヨーロッパに輸出と販売していました。同時にオランダで醤油を作ってみたけど、中国で周礼(しゅらい)の時代(紀元前2世紀)に発見されたコウジカビの役割が分からなかったので、うまく出来ませんでした。19世紀中、ヨーロッパで日本の醤油はどんどん消え、中国の醤油が残っていました。

しょうゆブランド
豆から醤油まで

日本には専門家やメーカーはたくさんありますが、海外では味の違いのニュアンスが分かりにくいので現在でも海外で売っている醤油はあまりおいしくないといわれます。逆に醤油の習慣があるところとでは(日本、中国、韓国、台湾など)おいしい醤油が多々あります。

醤油の栄養

アジアと日本料理の調理で煮物の味付けや汁やタレのベースですので、色んなレシピで醤油を使います。しかし醤油の塩分は平均で7.67g/100gですので、現在醤油と塩は高血圧の原因といわれます。

逆に醤油のカロリーはとても低く、ダイエットのときでも野菜と醤油の香りを使うことができます。

醤油にはアミノ酸がいっぱいあります。

アレルゲン材料(大豆、小麦)から作られるため、醤油によるアレルギーが起こる可能性がありますので、小さい子供に気をつけてください。

Goboさんの醤油 ランキング

日本食にとって醤油はなくてはならないものです。しかし一口に醤油といってもいろんな種類があるし、工場で作られているのもあれば、職人さんによって作られているものもあります。醤油の種類は日本農林規格(JAS)によると大きく分けて5種類に分けられるそうです。濃い口しょうゆ、淡口しょうゆ、溜まりしょうゆ、再仕込みしょうゆ、白しょうゆです。一般的なしょうゆというと濃い口ですが、後は料理によって、地方によっていろんな使われ方をします。他の調味料と合わせることによって、また新たなおいしさを生み出すしょうゆ、塩分に気を付けておいしく頂きたいですね。

吉野杉樽天然醸造醤油
吉野杉樽天然醸造醤油

醤油 ブランドはいっぱいありますけど、個人的に人気しょうゆは・・・
・井上醤油店の古式じょうゆ
・フンドーキンの吉野杉樽天然醸造醤油 (写真)
・ちば醤油の下総醤油
・マルシマの有機杉樽しょうゆ
・マルナカ醤油の丸中醸造醤油
などですね。通信販売でも人気ランキングに入っているので、お手軽に手に入ります。
他にもおいしい醤油は日本各地にあると思います。今後もおいしい醤油を見つけたいと思います。

広告