おせちとは?

テトと言うベトナムのお正月のとき食べ物は大切。

おせちの由来

由来は中国から伝わった五節供(御節供=おせちく、おせつく)の行事です。
奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)がどんどん人気になりました。そこで供される供御を節供(せちく)と言った。現在のような料理と違いました。
一般庶民にこの五節会の儀を覚えさせるために、もともとは五節句の豊富な祝儀料理すべてをいったが、のちに最も重要とされる人日の節句の正月料理を指すようになりました。正月料理は江戸時代の武家作法が中心となって形作られたといわれています。
現在も昔もおせちのことは地方によります。たとえば江戸時代、関西では「蓬莱飾り」、江戸では「食積(くいつみ)」、九州の佐賀・長崎などでは「蓬莱台・手懸け盛り」と称し歳神様に三方などでめでたい食べ物などを床の間に飾り、また年始の挨拶に訪れた客にも振舞ったり家族も食べたりしました。

テトと言うベトナムのお正月のとき食べ物は大切。
テトと言うベトナムのお正月のとき食べ物は大切。

お正月は中国文化がある国(台湾、シンガポールと中国の春節、ベトナムのテト、韓国のソルラル)でも大事な節句です。

おせち料理は意味深い

重箱で各の食べ物は意味を持っています。

田作り(ごまめ)
田作り(ごまめ)
    • たたきごぼう
      長いごぼうの意味は豊作と息災を願ったものです。
    • 田作り(ごまめ)

昔農家はイワシを田んぼに拡散をしました。いい収穫を願うするように土の神様を養うことといわれます。現在のシンボルは今年もいいことが来ると願いします。

    • 栗金団

栗きんとんは岐阜県の恵那・中津川地方の名物ですが、金色の団子はお金また福を願ったものです。

    • 数の子(ニシンの魚卵)

数の子は卵の数が多く、ニッシンと出せば子供と両親の関係を伝えます。

    • 黒豆

黒色は現在死と不運と関係があっても、江戸時代お歯黒(おはぐろ)はお金持ちまた高い社会的地位を表現しました。金が付いている黒豆は悪魔また邪気を払い長い元気な命を続くためでです。

 

広告